Open Nav

スタッフブログ

Staff Blog

自ら考えて行動し、成長し続けることを目指すエンジョブ社員のブログです。
大切なのは日々のちょっとした気づきや学びの積み重ね。
「仲間と、そしてブログを見てくださっている方々と共に成長したい!」そんな思いを込めて社員一人ひとり書いています。

責任とは

高村芳明

こんにちわ!高村です。
福井だけかもしれないですが今年は暖冬なのか雪が降ってもあまり積もらないです。
年始年末は家に帰り、親孝行ができて、祖父(自分の父親)は孫が可愛くてしょうがないのかべったり溺愛しておりました。

takamura_1801_01.jpg


そんな光景を見ながら、ほほえましく思います。祖母(自分の母親)は子供があまり得意なほうではないですがそれでも自分の孫は特別だそうで、とても可愛がってくれて、初詣は地元の気比神宮でも参拝でき、良い新年を迎えることができました。

さて、今回のテーマは
「責任」
です。

仕事をする上で大事なのですが、そんなことは分かっている。
といわれる方もたくさんいらっしゃると思います。
自分もその中の一つですが、昨年より色々とこの"責任"に関しては課題が浮き彫りになった一年でした。

そもそも"責任"とは何なのか?
大辞泉にはこうかかれています。立場上、

当然追わなければならない任務や義務

ここでわれわれが社員として大事にしなければならないのは「任務」ではないかと思います。

takamura_1801_02.jpg

任務を遂行するという風にも捉えられますが、この任務遂行も切り口によってはできていたりできていなかったりします。
ではどういう事か。。。

自分も仕事の依頼が来ます。
例えば、皆に書類を渡して記載しておいてください。
という事があるとするならば、書類を渡して完了するというのが大きな任務遂行なのではないかと思います。

ですが、それはただやっただけであり、遂行や完了までしていることではないという事です。
ここでの完了は

①皆に記入書類を配る
②皆に書類に記入してもらう
③皆が記入した書類を回収し抜け漏れがないか確認する
④提出する

という工程が完了して、やっと仕事が完了したというのではないかと思います。

takamura_1801_03.jpg


ただ文字や言われた内容を完遂することはできますが、果たしてそれは仕事を完了したといえるのか。
任務を達成したといえるのか。

多くの仕事というのは、目的があって、その仕事があります
その書類も社員が記載し、集めて提出しなければ意味を成さないものです。

それを言われた内容だけを完遂して、仕事が完了したというのは、どうなのか。と問われると完了はしていないと思います。
ただこれは実行するにはむずかしく、言われた内容だけしていればカンタンです。それを目的を考えて任務を遂行しようとすると工程も増えるし作業労力も増えるし、精神的にも追いかけなければならないので負担は増えます。
そんな負担が増える行為はなかなか自分からは踏み出せないのかと思います。

takamura_1801_04.jpg

しかし、それをすることで自分の仕事を価値あるものにするか無価値にするかは、その後のその人自身のビジネスマンとしてのスキルや器量、信頼性に繋がるので、自分は前者を選択していきたいです。

前述でも記載したとおり、負担が増えるため自分も無意識に遠ざけてしまい、後々面倒になったことがあり、昨年はそれを強く感じる年でもありました。
それにただ自分の仕事に価値を出すだけではなく会社にとっても利益を生むか生まないかにもイコールで繋がっています。

takamura_1801_05.jpg


なので、今年は仕事の目的を考え、責任の質を考えて、会社にとって最良のことをしていき、成果につなげて行きたいと考えております。