Open Nav

スタッフブログ

Staff Blog

自ら考えて行動し、成長し続けることを目指すエンジョブ社員のブログです。
大切なのは日々のちょっとした気づきや学びの積み重ね。
「仲間と、そしてブログを見てくださっている方々と共に成長したい!」そんな思いを込めて社員一人ひとり書いています。

整理整頓

橋本夏生

こんにちは♪
クリスマスからお正月にかけ、バクバク喰いまくって太り気味な橋本です。
久し振りに料理らしい料理も作ったなという感じです。
クリスマスケーキを数年ぶりに作ってみました。
正月休み中は、最小限に抑えようと、トレーニングアプリをインストールして、実践してました。
最近のアプリは動画付きで、ペースも丁度いいし、良心的ですね。

_20171224_123254.JPG

今日のテーマは「整理整頓」です。
お世辞にも整理が出来ているとは言えない橋本ですが、
なぜこのテーマを選んだのかと言ったら自分の部屋を年末の掃除で片付けて思いました。
整理力を身につけたいと。


そして以前朝礼でも、
「 仕事のIQ = 整理力 」
という内容の話をしていたのもあります。


簡単に言うと仕事のできる人ほど、整理整頓が出来るのです。

整理整頓ができると何がいいかというと主に3つメリットがあります。


1. 探す手間がない

2. 仕事を手伝ってもらう時にすぐに頼める

3. 頭の中が整理される


全部、時間のロスを防げることです。
1日に何十という数の電話を対応していると、それだけメモも溜まるし、重要な書類も中にはあります。
人の記憶ははかないもので、これは絶対に覚えているから大丈夫と思っていても、忙しさのあまり忘れてしまうことがあります。
後から後悔しても遅いです。
今のうちから防いで行きましょう。

DSC_3732のコピー.jpg

対処法としてはいろいろあります。
人それぞれ合うもの、合わないものあるかと思います。
大きく二つに分けると、
〇考え方で変える  〇仕組みで変える  です。

まず、考え方で変えるとはどういうことか?

もしも自分が、引き継ぎを受ける側なら、待てども待てども書類探しで引き継ぎが進まなかったらどうか?
もしも自分が、質問した際に相手からの回答が遅かったらどうか?

整理整頓は自分のためであり、人のためである。
そう考えるとちゃんとしないと、と思えてきます。


では、仕組みで変えるとはどういうことか?

当社の多田さんもやっているらしい、ものを置かない、増やさないというのがぴったりです。
わざと収納を減らして、増やさない仕組みにするのも有効的です。
冷凍庫に入りきれない量の冷凍食品を買い込む人はそうそういないです。
収納とはあればあるほど詰め込んでしまうものです。

P5080008のコピー.jpg

自分がずっとやっているのは小さいカバンを持つということです。
大きいカバンだとどうしても、何か中に入れたい。
入れたはいいけど、整理整頓しないのですよね。
小さいカバンだと中に入る量が決まっているので、ちょっとでも要領オーバーすると小まめに整理整頓せざるを得ないのです。
昔大きいカバンになんでも詰め込んで、持ち手が切れてしまったことがありました。
お気に入りだったので、ちょっとショックでした。
これを朝礼で伝えたら、早速斉藤さんが実践してくれたとのこと。
人から教えてもらったことをすぐに実践してみるって大事ですね。
自分も人から伝授されたことやってみるようにしていきたいです。

_20180110_014121.JPG

そして、わが家でも最近、整理整頓が身に付くような大きなことがありました。
それは愛犬レン君の登場です。
彼は何でもガジガジ噛み付きます。
少し洋服ダンスの引き出しをあけていれば、服を中から取り出しガジガジ。
靴を玄関に出しっぱなしにしていたら、廊下で転がし遊んではガジガジ。
机の上にボールペンをだしっぱにしていたらガジガジ。
洗濯機に微妙にインしていない、服をジャンプでゲットしてはガジガジ。
彼のガジガジ攻撃に対抗すべく、収納棚を増やし、靴は片付け、引き出しは閉め、ジャンプで届く位置には物を置かない。
それでもまだまだ彼の猛攻を受けていますが、その度に改善していっています。
これを機に、整理整頓を身につけようと思います・・・。
散歩になるべく連れて行って、家で暴れないようにしないと。
早く春になってほしいです。

今年は昨年よりも整理整頓を見に付けて、仕事の出来る人に一歩近づきたいです。

DSC_0007のコピー.jpg