Open Nav

スタッフブログ

Staff Blog

自ら考えて行動し、成長し続けることを目指すエンジョブ社員のブログです。
大切なのは日々のちょっとした気づきや学びの積み重ね。
「仲間と、そしてブログを見てくださっている方々と共に成長したい!」そんな思いを込めて社員一人ひとり書いています。

「脇役」

橋本夏生

こんにちは!

大分暖かい日が増えてきました。
前はうちのワンコの散歩も行くと耳が冷たくなって億劫だったのですが、最近は暖かい日も増えて30分くらい散歩に行く日があります。
日光を浴びると体内時計がリセットされて、規則正しい生活を送れるみたいですよ。

01.jpg

さてさて、みなさんは「脇役」という言葉を聞いて何をイメージしますか?

・冴えないキャラクター
・出番が少ない
・主役を立てるためにいる

どちらかというとマイナスなイメージが出てきますよね。
でも、全然そんなことないです。


有名作品で例えてみると・・・

(ドラゴンボール)
魔人ブーと戦って危機一髪の際に、地球人その他の惑星のみんなからもらった力でできた元気玉で勝利しました。

(進撃の巨人)
たくさんの犠牲を払って、ことの真実に近づいていき、人類を守っていく。

(ハリーポッター)
親ながらにしてハリーの赤ん坊の時に死別したけども、ピンチの時にいつも助けてくれます。


脇役がいなければ主人公は成長をしなかったし、ヒーローにはなれかった。
まわりにたくさんの気づきを与えるのが脇役の務めです。

みなさんはどうでしょうか?
もしあなたの人生を一つのストーリーと例えるなら、あなたが主人公です。
今までにどんな脇役がいましたか?

昔の担任だったり、
引っ越してしまった古い友人だったり、
なくなってしまった近所のおばあさんだったり、
たくさんの方に支えられていたのではないでしょうか?
気づきをもらっていたのではないでしょうか?


もう一度振り返って、そういう人のことを思い出してみたいですね。

03.jpg


逆に他の人の人生ではあなたが脇役なのです。
脇役は脇役でも、
ただの脇役と名脇役と言われる脇役と二種類あります。
あなたはどちらでしょうか?
自分ならどちらになりたいですか?


きっと周りに気づきを与えて、影響力のあるような人になりたいはずです。
そのためには、周りにもっと関わっていくことが大事だと思います。

04.jpg


むしろ場合によっては、他人の人生で主役級になれる場合もあります。
自分には子供がいないので分からないですが、きっと幼いお子さんがいる方は、子供中心の生活で自分の人生の主役は、自分の子供だという方も多いのではないでしょうか?
自分の旦那さんだったり、恋人だったり、師匠だったり、愛しいペットだったり。


主役級になるには、年齢とか、性格とか、関係がないと思います。
ある人にとっては一つの本が人生の主役になっているかもしれません。


最近テレビで拝見して気になった方がいます。
山口恵以子さんという作家さんです。
大学卒業後は、作家関係のスクールに通いつつ仕事をして、一度は諦め食堂のおばちゃんをしていたけど、もう一度再開して50歳代で作家デビューをして有名な賞をもらったという方です。
失礼ではあるけれど、こういう遅咲きの人を見ると、チャンスはいつでも転がっているし、まだ20代の自分にはできることがたくさんあるなと勇気をもらえます。


また、人と関わっているとおのずとチャンスも増えるのかなと思います。
関わるって自分の中では一番の苦手分野ですが、ちょっとしたことからでも初めていきます。


・元気のない人に声をかけてみる
・困っている人に率先して協力してあげる
・今まさに書いているエンジョブブログで人をピックアップしていいところを褒めてあげる


そういう一つ一つが重なって、影響力のあるような人になっているのだと思います。


自分はどんな人になれるのか?


まだまだ自分にはチャンスがあります。
「変わるのは今」という入社式でも聞いた言葉を大事にしていきます。


それに当社エンジョブは、
一人ひとりにちゃんとスポットライトを当てて、その人を光らせてあげる。


いいところも、悪いところも磨いてくれる。

05.jpg


自分は冴えない脇役なんだと落ち込むのではなく、
自分はこれから名脇役になるんだと、とにかく自分に自信を持つことが大事です。


腐るのは楽だけど、光るのは本当に自分自身の決意次第です。


みなさんにも頑張ってほしいです。

▼下記は暴れん坊のレン君とどーしても2ショットが撮りたくてTAKE10くらい?
 ブレブレショット連発だったけど頑張りました

02.jpg