Open Nav

スタッフブログ

Staff Blog

自ら考えて行動し、成長し続けることを目指すエンジョブ社員のブログです。
大切なのは日々のちょっとした気づきや学びの積み重ね。
「仲間と、そしてブログを見てくださっている方々と共に成長したい!」そんな思いを込めて社員一人ひとり書いています。

新メンバー加入と春の一大イベント

布目柊哉

こんにちは、布目です。
社内にさらにねこが増えてねこがいない日がなくなっている状態です。
1匹でもいると疲れた時の癒しにもなるので社員としては非常に助かっています。

ブログにも何回か登場している「みるくん」

miru.jpg

今回初登場の齋藤課長が連れてきてくれた「もあくん」

moa.jpg


そして齋藤課長はお母さんと一緒に2匹同時にということだったので「れんくん」もいます。

len.jpg


子猫たちも仲良くなってきているみたいで良かったです。

エンジョブにもそんな新メンバーが加入した春の訪れでした。

そして、4月は色々なことがスタートする月でもあります。
今年から社会人になり新生活をスタートさせる方々もいるでしょう。

エンジョブでは今年4月に入社される新入社員の方はいませんでしたが、社内ではまた始まることがあります。

それが以前、柳さんのブログでも紹介があった「選挙による課長決め」です。
https://en-job.com/blog/000462/

エンジョブの課長は選挙によって決まります。
選挙による課長決めは、社長が以下のように考えているからです。

それは「やりたいと思っている人にやって欲しい」ということです。
「◯◯さんを能力が優れているから課長に任命する」と決めることだってできます。しかし、当社では能力で選ばれるよりも「やる気」を重要視しているので、やりたい人を優先してやってもらうという方針になっています。

つまり、課長になるのには入社年数など関係ないのです。
最低限これ以上の結果を残していないといけない。などという条件もなく誰だってなることができます。

また選挙なのでもちろん投票数によって決まります。
課長になるべきかどうかも社長ではなくて社員それぞれの投票によって決まります。
その投票制度なのも課長が決まった後に凄く社員にとっては有り難いものなのです。
もし仮に社長が1人で課長を決めてしまうと、「なんで自分じゃないのか?」と思う人も出てくるかもしれません。
それが自分が選んだ課長なら自分の選択によって決められている課長なので出てくることもないのです。
社長1人ではなくて社員それぞれが決定権を持っているというのは意外とないことなので社内が円滑に回るということに対しても良い効果をもたらしてくれています。

そしてその投票を入れてもらう要因は日々の取り組み方が大きく影響しています。
前回、初の課長選挙となりましたが見事課長に選出された3名(齋藤課長、野々宮課長、多田課長)は選挙が近づいてから課長になろうと決意しての行動ではなく、それ以前に課長になりたいと思っての行動をとっていたのです。

katyo.jpg

それが課長に選ばれた最大の要因でした。

よく街中で見かける選挙の時期だけ車を走らせて、演説してその一時期だけ票を集めるための行動とは違います。
政治家の方ももちろん普段から大変な業務をされていますが、国民の前に出てくる場面は少ないです。
なのであのように選挙の時期は思い切って国民の前に出てきます。
しかし、会社内では毎日顔を合わせて日々の状態も自然と目に入ってきます。
そこでの取り組みの姿勢が投票数にも現れているのです。

これも特に社長から「そういう風に日頃から頑張っている人に投票して下さい。」という指示がある訳ではありませんが自然と投票数はそうなっていたのです。
評価は周りが決めるものだと思いますが、それを実践してくれたのも課長でした。

nono.jpg

では、以前からそう考えてないと立候補しても課長になれないのか?と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。
それが選挙制度の面白いところです。
1人3名まで投票ができるので確実に票は割れます。
その場で思い立って「やっぱり課長になる!」と決意した人にも十分にチャンスはあります。
そうやって飛び込んだ勇気も社員を引っ張る課長としては十分に評価される点ですよね。

今年は、いったい誰が課長になるのか楽しみです。

ご応募考えている方も「すぐに課長になりたい!」と言えるぐらいの向上心をお持ちの方などはウェルカムなので是非エンジョブにご応募頂ければと思います。