Open Nav

スタッフブログ

Staff Blog

自ら考えて行動し、成長し続けることを目指すエンジョブ社員のブログです。
大切なのは日々のちょっとした気づきや学びの積み重ね。
「仲間と、そしてブログを見てくださっている方々と共に成長したい!」そんな思いを込めて社員一人ひとり書いています。

2022年4月新卒採用について

高橋純

saiyo.jpg

変異ウィルスが猛威を奮い世界は激動の時代となりました。
2021年度の上場企業決算発表においては、日本経済の命運が分かれました。

 

製造業は軒並み黒字、非製造業は軒並み赤字でした。

 

コロナ禍において人の移動が伴う業種は緊急事態宣言の煽りを受け、
その影響は絶大だということです。

 

では、私どもの会社はどうでしょう?

 

就活をしている方、取引業者、社員の家族の方など、
当然先行きがどうなのか?と考えますよね。

 

弊社は非製造業です。

 

ですから、コロナの悪影響は絶大です。
当社の決算は7月なのですが、現在の売上は昨年対比で56%です。
最終損益は現在、残念ながら赤字です。

 

しかしながら現金は売上一年分を保有しています。
そして減価償却費を引かなければ、損益分岐点ギリギリのラインの赤字です。

 

コロナで受けた借入金については、一年経過し手つかずで残しています。
余裕があるとまでは言いませんが、数年でどうこうなるくらいのことはあり得ません。

 

そして今、世の中、採用自粛どころか倒産や解雇、雇い止めが増加の一途を辿っています。

 

ですから、良い人材、それも通常なら採れないような大学の新卒を採用するチャンスです。
2022年は最低4名は採用したいと考えています。

 

 


ここからは採用までの流れですが、
コロナ禍の影響で見学会は現在行っていません。
書類選考が先となります。

 

提出物は3点。

・履歴書
・自己PR書
・中途採用の方だけ職務経歴書
・新卒の方は成績証明書(出席状況も確認出来るもの)

 


書類選考の結果は、通過の場合は書類到着後2日以内に電話でお知らせします。

不採用の場合、到着3日後には郵送で通知いたします。

 


一次面接はWEB面接となります。
幹部社員が担当し所要時間は30分以内です。

 


二次面接は、私が行います。

不採用の場合は30分で終了します。
可否の通知方法については、事前アンケートでお尋ねしますが、要望があればその場で口頭で理由を添えて説明することも可能です。

通過の場合は、面接は1時間で、その後続けてAIでの適正検査などを行います。

 

面接では、
当社の社員ブログhttps://en-job.com/blog/
社長ブログhttp://blog.livedoor.jp/enjob3/
社長メルマガhttps://en-job.com/blog/takahashi/

このあたりを読み込んで弊社の社風を理解していることが必須です。

 

といいますのは、学歴や職歴は書類である程度分かります。
更にWEBでの一次面接で確認をしていますので、スキルで落ちることはありません。

残るは自社に合う人物かどうかです。

 

弊社が求人をしている理由は、人手不足ではありません。
今のままの業績であれば、この社員数で十分です。

 

しかし新しいことをトライしようと思うならば、話はまったく別です。

 


また入社して頂いても、結局2~3年で退職することになるならば、お互いにとって不利益です。

 


最初から転職するつもりで入社する人はいませんし、そんな人材を採用する会社もありませんが、
ミスマッチが起きることがないように、給料などの福利厚生だけではなく、
会社の考え方に合うかどうかは大変重要です。

 


就職は結婚と似ていますが、条件だけ合えばいいという人は、それ以外に興味を持たず、
何も深堀りしていないでしょう。

 


特に数社、数十社とエントリーされる方は、いちいち調べてなどいられないと考える。
それは合理的ではあるでしょうが、全然魅力的な人とは感じません。

 


やはり就職は相思相愛が理想です。

 

二次面接を通過すれば、ほぼほぼ採用となりますが、
最後に今後の説明や社員面談などを行うために、
三次面接という名称で最終面接があります。

 

経営計画書の採用項目には、「社員が反対する場合は採用しない。」
と明記してありますので、最終面接は社員が行います。

ここで不採用になることは、余程のことがない限り、あり得ません。

 

理由は、先輩社員に初対面で暴言を吐く人はまずいないからです。(笑)

 

最終、今後の流れなど詳細を説明して終了となります。

 

 


最後に私が採用において重視している点も書いておきましょう。

 


先程も触れたように、書類審査とWEB面接でおおよそのスキルは把握しています。
なので私が最も重視している点は、自己開示出来る人かどうかです。

 

自己開示とは裏表がなく、何でも話せるようになるかどうか。
言い換えれば、年齢・性別関係なく、社員と仲良く出来るかどうかです。

 


ですので、AIテストでも重要視するのは整合性です。

 


整合性とは嘘、偽りがないかの確認です。

 


良いところを見せようと努力するのは一般的ですが、行き過ぎて嘘が多くなるなら問題です。

 

そして弊社の強みは社員教育にあります。

 

この規模の会社としては、極めて異例なくらいお金と時間を投資しています。

 

その自慢のチームですが、一人でもやりにくい人を採用すると文字通り大変です。

 

1人も見捨てず、育て上げる性格の私達ですから、放置や無視は出来ません。

 

そういう悪循環が起きないようにするためにも、自社に合うかどうかが一番大切な採用基準です。