Open Nav

スタッフブログ

Staff Blog

自ら考えて行動し、成長し続けることを目指すエンジョブ社員のブログです。
大切なのは日々のちょっとした気づきや学びの積み重ね。
「仲間と、そしてブログを見てくださっている方々と共に成長したい!」そんな思いを込めて社員一人ひとり書いています。

3回目の例年とは異なる「経営計画発表会」

布目柊哉

こんにちは、布目です。
最近、長時間座っている対策としてAmazonで高評価のゲルクッションを購入してみました。それと同時にAmazonで高評価の整体師監修のフットレストも買ってみました。

画像 5.jpg
クッションは凄く改善された分けではないですが、元の座面に座ると固く感じるので体圧分散はされているのかなと思います。
フットレストはなんとなく足を置いていると楽です。

そんな関係のない話から始まりましたが、普段の姿勢には気をつけた方が良いですよというお話でした。
恐らく、普段から姿勢が良い人はこういうグッズを買うきっかけも起こらないと思うのでこのブログを呼んでいるみなさんも気をつけて下さい。

9月に差し掛かり、株式会社エンジョブには年に一度の大事な式典が開催されます。
それが「経営計画発表会」です。

画像 2.jpg
※経営計画発表会についてはこちらのブログをどうぞ。
第20期 経営計画発表会

銀行さんなどを招いての式典になります。
そこで社員にも新しく発表されるのが、この先1年間の経営戦略、会社方針を記載した「経営計画書」です。
経営計画書についても過去に野々宮課長が「エンジョブの神器」として紹介しているので是非ご覧になってください。
エンジョブの神器・経営計画書

今年で3回目の経営計画発表会ですが、過去2回と大きく違うところが1点あります。
それは「第22期の経営計画書の作成には社員が加わっている」という点です。
今までは会社の方針は全て社長が決め、社長が経営計画書を作成しそれを発表していました。
社長の大きな仕事は「決断すること」です。
そして先1年の方針を決めるということは年間通しても最大と言っていいくらいに大きな決断なのです。
それに社員が加わるということは責任重大です。
そんな責任重大案件を任されたのが、齋藤課長、多田課長、野々宮課長という3人の幹部社員です。

画像 3.jpg


自分もそうですが、会社の方針を決めるのに社員が参加し決定しているという会社は見たことも聞いたこともないです。
むしろ、方針に対して関心がない会社がほとんどだと思います。
それが普通の会社だからです。
しかし、そこに社員を参加させることには大きな意味が2つあります。


1つは、社員の成長へと大きく繋がっています。
社長と同じ立場で物事を考え、社長が作成する物をリアルな会社の数字を見て判断していく。
それにより、社長が普段見ているものを肌で感じ取ることができます。
その際の苦労は実際に参加した齋藤課長が語ってくれています。
エンジョブの歴史の転換点 ~初!幹部が経営計画書作成に参加~

非常に大変な経営計画書作成ですが、やはりそれだけ大変なことを乗り越えた人はそこで得た経験、リアルな現場の数字などを目の当たりにして日々の業務に取り組む中でも他の社員とは視線が変わっているはずです。

また、社員が経営計画書作成に参加するもう1つの意味は、社長の考え方を浸透させていくことです。

幹部社員が1人の会社の社長として作成することで社長により近い考えで物事を考えることはもちろん、それを社員に浸透させていくのも幹部社員の役目です。
「社長」幹部社員」社員」と今エンジョブは3つの層に分かれていると伝えるとイメージしやすいかもしれません。
社長と社員を繋ぐパイプ役としても幹部社員は重要な役割を担っています。
そしてそのパイプ約となる幹部社員が社長の考えをそのまま社員に浸透させていきます。

画像 6.jpg

社長の考え方が浸透している会社は強いです。
なぜなら考えを理解しているからこそ、急な方針変更にもすぐに対応できるからです。
コロナウイルスで世の中は大変なことになっていますが、この先もっと大変なことが起こるかもしれません。
それは誰にも分からないですが、そうなってしまった時に生き残れるのはすぐに方針変更を受け入れて全体でその方針に向かっていける会社です。
社長の指示をすぐに行動に移せない会社はそういった時代の波にのまれて倒産ということを招いてしまいます。
そうならない為にもエンジョブでは、社長講義などによる認識の共有や日々の環境整備などを行っています。

今回、幹部社員3名が考え、知恵を出し、決断した経営計画書。
どのような内容になっているかは当日まで分かりません。
非常に楽しみです。

またエンジョブでは経営計画発表会に来年の内定者の方も招待しています。
入社前に会社の方針を聞けるということはそうありません。
それも1年に1度の式典ということで聞ける内容もとても濃いものになっているのは間違いありません。
入社前にそういった会社の考えを聞くとより株式会社エンジョブという会社がどういう会社なのか分かると思います。

画像 4.jpg